怠ってきた保健所強化

 仙台市における新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

 仙台市の最近1週間(3月22日から29日)の新規感染者数は658人で、人口10万人当たりでは60.26人となり、東京都(18.11人)の3.3倍にもなっています。また、感染経路不明者は何と65.0パーセントです。

 仙台市保健所は、繁忙を極め、感染者の行動歴調査が追い付いておらず、濃厚接触者の特定も十分に行われていません。また、濃厚接触者のPCR検査も遅れていることから、市中感染拡大のリスクは高まる一方です。さらに、昨日、重症者数を正確に把握していないことが明らかになりましたが、その理由が何と、多忙とのこと。

 どうして、仙台市保健所が機能麻痺を起こしているのか。感染者の急増が原因ではありますが、リスクマネジメントを怠ってきたことも重大な要因です。

 昨年、国の緊急事態宣言が解除された後、保健所支所長から、感染拡大の第二派、第三派に備えて、新型コロナへの対応を保健所本所に一元化し、支所の人員を本所に集約し一括管理とし、業務の効率化を図りべきだとの提案が出されました。しかし、市の幹部は無視しました。非常時には、資源を集中的に投下することが危機管理の鉄則ですから、支所長の提案は理にかなっています。実現していれば、これほど深刻な状況になっていなかったのではないかと悔やまれます。

 仙台市は、昨年3月以降、小出しに場当たり的に人員配置を行ってきましたが、業務の増加に対応しきれていません。昨年の時点で、感染の急拡大に備えたリスクマネジメントを行うべきでした。しかし、今は感染急拡大の危機事案が発生している非常時です。今すべきは、惜しまず行政資源を集中投下し、迅速な対応を行うことです。引き続き取組みを求めてまいります。

 

コロナ終息への願い

 今日は、仙台の伝統行事「どんと祭」の日です。正月飾りを焼き、御神火にあたることで一年の無病息災・家内安全を祈願します。

 例年であれば、私が奉仕している七北田愛宕神社のどんと祭も、多くの参拝者で賑わうところですが、今年は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、夜店の出店をお断りし、神事と、御神火のみ斎行となり、静かなどんと祭となりました。

 どんと祭参加者の願いは、コロナの一日も早い終息です。

 仙台市と宮城県の発表によれば、新型コロナウイルスの新規感染者の最多を更新したとのこと。どんと祭参加者の願いを現実のものとするためには、国と地方自治体が連携した効果的な取り組みが必要です。

 

大人の対応を求める前に行政の責任を果たせ!

泉中央駅から成人式会場へ続く歩道

仙台市は、1月10日(日)に予定している成人式の開催を強行するのでしょうか。新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。昨日、仙台市の新規感染者が過去最多を更新しました。

例年、太白区のカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)で成人式を開催してきましたが、今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ユアテックスタジアム仙台に会場を変更して開催することにしています。

仙台市は、昨年暮れと年明けに、参加登録した約5,000人に対して「成人式参加のための帰省は慎重に判断していただきたい」旨の参加自粛メールを送信しました。市長は記者会見で、新成人に大人の対応を求める発言をしたと報道されています。

そもそも、この時期に、ユアスタで成人式を開催することは無謀と言わざるを得ません。開催するならば、春が望ましいと思います。しかし、市長は、ユアスタの日程がどうのこうの言っているようです。ベガルタ仙台の試合日程を指しているのでしょうが、市長は事の軽重も理解できないのでしょうか。仙台の未来を担う新成人の門出を良い環境で祝ってあげたいと思わないのでしょうか。

ユアスタ周辺は昨年暮れから雪が降り続いており、成人式当日の天気予報も雪模様です。特に、ユアスタは七北田川のすぐ近くに立地していることから一段と冷えます。ユアスタ周辺は、昨年までの会場である仙台市体育館とは全く異なる環境です。

そして、特に問題なのは、ユアスタ周辺の歩道が圧雪状態にあることです。晴着を着た新成人にあの歩道を歩かせるのは、あまりにも気の毒です。写真の仙台市営駐車場北側の歩道は、泉中央駅からユアスタへの最短のアクセス道路ですが、1月8日10時現在、ご覧のとおりです。長靴が必要です。泉警察署北側の歩道に至っては最悪の状態です。

成人式を開催するからには、仙台市は行政の責任を果たすべきです。感染防止対策はもちろんですが、新成人が安全に安心して参加できるよう、ユアスタと泉中央駅周辺の除雪対策を行うべきです。1月6日に、教育委員会と泉区に対して、ユアスタと泉中央駅周辺の除雪を徹底し、新成人の安全に万全を期すことを求めました。

謹賀新年

雪に埋もれたユアテックスタジアム仙台

お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

今年こそは、人類の英知を結集して、何としても武漢ウイルスを退治し、良い年にしなければなりません。

私も、一日も早いコロナ禍の収束と仙台市政の課題解決に向けて取り組んでまいります。皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

写真のユアテックスタジアム仙台は、今年、様々な観点から何かと話題に上ると思います。このブログででも随時取り上げていきます。

それにしても、すごい雪ですね。昨シーズンが暖冬でしたから、なおさら大雪に感じます。雪かきのお正月になりました。皆様、腰など痛めませんように。ご自愛ください。

拉致救出署名を提出

 市民・県民の皆様にご協力いただいた「拉致問題の早期解決を求める署名」11,251筆を、参議院議員会館の会議室において、国会議員の超党派で構成する「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」に提出し、立法府での取り組みを求めました。

 また、「救う会宮城」「宮城県議会拉致議連」「仙台市議会拉致議連」の三者連名による、内閣総理大臣あての「北朝鮮による拉致被害者の救出を促進する要請書」を議連の皆様に託しました。

 提出者側の出席者は、「拉致被害者家族会」の増元照明さん、「救う会宮城」安藤哲夫会長、和田政宗参議院議員、そして仙台市議会拉致議連からは、会長の私、幹事長の菊地崇良議員、事務局長の髙橋卓誠議員の3名です。

 議連側の出席者は、議連会長代行の山谷えり子参議院議員、議連幹事長の松原仁衆議院議員、事務局長の北村経夫参議院議員、笠浩史衆議院議員、榛葉賀津也参議院議員、高木かおり参議院議員の皆様です。

 お忙しいところ、時間を割いていただき感謝申し上げます。拉致被害者の一日も早い救出に向けて、あらゆる手段を講じていただくこと願うものです。

これが仙台市役所新庁舎?

仙台市役所新庁舎のイメージ図

 12月2日に、建て替えを予定している仙台市役所の基本設計を行う業者の選定結果が公表されました。

 仙台市では、今年の8月から、本庁舎建替基本設計委託に係る受注候補者の選定手続きを公募型プロポーザル方式にて進めてきましたが、10者から応募があり、公募型プロポーザル審査委員会の一次審査で5者に絞り込み、11月29日に行われた二次審査を経て、受注候補者と次点者が決定したものです。

 審査委員会の委員に「せんだいメディアテーク」の設計に携わった方々が委嘱され、委員長に伊東豊雄氏が選任された時点で、仙台市役所の新庁舎が「せんだいメディアテーク」のような建物になるのではないかとの懸念が議会において示されました。

「せんだいメディアテーク」は、建築の分野では高く評価されているとのことですが、安全性や維持管理に重大な問題があります。東日本大震災では、ガラスが割れ路上に落下し、天井も落下しました。幸いケガ人はいなかったようですが、大きな被害が発生しました。また、平成30年の地震では、天井が落下しケガ人が出ました。加えて、奇抜な建物であることから、維持管理に年間約3.5億円(人件費を除く)もの多額の経費を要するなど、大きな課題を抱えています。

 公募型プロポーザル方式は、透明性と公平性の確保が課題であるといわれており、総務財政委員会において、毎回この問題を取り上げ質疑してきましたが、今回の選定結果を見ると、懸念が現実のものとなりました。

 そもそも、今回の公募型プロポーザルは、技術提案を審査し基本設計業者を選定するものであり、建物案を審査するものではありませんが、二次審査のプレゼンテーションの場が建物案の審査をしているかのような誤解を与え、印象操作の場に利用されたのではないかとの疑問があります。

 応募された提案が、審査委員会の評価を得るためには、審査委員長をはじめ委員の好みの提案になることは、自明の理であると言えますが、基本設計を担う業者の選定が、見えざる手によって行われたのではないかとの疑念を現時点で払拭することは出来ません。東日本大震災を経験した仙台市の新庁舎が、何より、大規模災害に対応できる、安全で機能性の高い建物になるよう、この問題に取り組んでまいります。

 審査委員会の報告書が公表されていないので、担当部署に確認したところ、現在作成中とのこと。委員長から市長への報告もなされていません。業者名は公表されたが、どのような審査を行い、どのような評価が行われたかはブラックボックスです。仙台市政は闇の中です。

フードバンク支援

 先日、仙台泉中央ライオンズクラブのアクティビティとして、「フードバンク仙台」に寄付を行いました。

 フードバンク事業は、企業や個人から集めた食品を、必要といている施設や団体、生活困窮者に届ける仕組みです。特に、最近はコロナ禍で、毎日の食べ物に困っている人が増えているとの報告もあり、フードバンク事業のニーズが高まっていると言われています。

 フードバンク仙台は、かつて、富谷市にある「ふうどばんく東北AGAIN」に勤めていた小椋さんが中心となって、今年5月に仙台市青葉区に立ち上げた団体です。

 仙台市とフードバンクとの関わりを調査するため、健康福祉局に問い合わせたところ、担当は環境局であると回答でした。どうして担当が環境局なのか疑問に思いつつ、環境局に確認したところ、平成30年度からフードドライブ事業として取り組んでいるとのこと。

 仙台市は、食品ロス削減の一環として、一定の期間、スーパー店頭や区役所等に「フードボックス」を設置し、未利用食品を回収し、フードバンク団体に提供してきました。今年度は、回収期間や設置場所を拡大し、フードドライブ事業を展開しています。

 しかし、未利用食品を回収・提供しても、そこから先の必要としている人に届ける事業、、つまりフードバンク事業の運営が、スタッフや資金面で課題を抱えています。行政の支援が必要な状況にあります。そこで、9月に行われた決算等審査特別委員会の第3分科会で、環境局だけでなく、その他の部局とも連携し、仙台市としてフードバンク支援の取り組みを行うことを求めました。

拉致問題解決への署名活動

 先日、「北朝鮮に拉致された全ての人を救出する宮城の会」(救う会宮城)主催の、拉致問題の早期解決を求める署名活動に参加しました。

 署名活動の前日には、東京都内で「北朝鮮による拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会」が開かれ、菅義偉総理が「全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向けて全力で取り組むことを誓う」と挨拶し、引き続き政権の最重要課題として取り組む方針を示しました。

 国レベルの取り組みはもちろんですが、各地域においても意識啓発を行うとともに、市民県民の理解と協力を得る取り組みが肝要です。

 この日は、青葉区一番町で、感染防止のためのフェースシールドとビニール手袋を身に着け、ペンを消毒しながら署名への協力を呼び掛けました。

 ご協力いただきました皆様に心から感謝申し上げます。

生ごみ処理機の購入費助成が再開されます

 仙台市では、市民が家庭用電気式生ごみ処理機を購入する場合に、補助金を出しています。内容は、1世帯1台、購入金額の5分の3、上限額30,000円の補助金です。

 例年は、補助申請が特に集中することもなく、ほぼ年度末まで補助ニーズに対応することが出来ていました。

 ところが、コロナ禍により市民の生活様式が変化し、家庭ごみの量が増加するとともに、家庭用電気式生ごみ処理機のニーズが一気に高まり、8月には予定していた補助台数を消化してしまい、早々と令和2年度分の補助金申請を打ち切ってしまいました。

 このため、9月に行われた決算等審査特別委員会第3分科会でこの問題を取り上げ、コロナ禍による市民生活の変化に対応するため、ごみ減量推進の観点から、購入費助成を早期に再開することを求めました。

 環境局は、この要求に応え、11月から購入費助成を再開することにしました。詳しくは、市政だより11号をご確認ください。

しめ縄作り

 今日は朝から、七北田愛宕神社境内で、しめ縄作りです。

 私たち七北田青年OB会では、年4回しめ縄作りをしています。今回は、11月3日の二柱神社秋季例祭に向けて、しめ縄を3本作りました。

 以前は、愛宕神社境内の松の木にロープを掛けて、しめ縄を編んでいましたが、松くい虫の被害により松の木を伐採したため、現在は、やむを得ず鳥居を利用して、しめ縄を編んでいます。

 境内の色づいた草木に秋の深まりを感じながら、心を込めて、しめ縄をつくりました。出来の程は、二柱神社でご覧ください。